エネルギーの供給

工業団地 八戸グリーンハイテクランド 分譲残りわずか!

八戸LNGターミナルの役割

LNGターミナルと石油備蓄基地

フレアスタック
外航船からの受入導管
外航船桟橋
八戸LNGターミナルの役割

クリーンなエネルギーを
安定供給できる新時代の始まり。

八戸市には、2007年に建設したLNG内航船受入基地「八戸LNG基地」がありましたが、北東北最大の工業地域であり、今後、さらなる天然ガスの需要増加が見込まれることから、2015年4月に東北最大規模の輸入基地となる八戸LNGターミナルが建設されました。

臨海工業地帯と桔梗野工業団地、八戸水産加工団地には総延長約22キロの導管を新設。発電用に利用できる高圧導管も設置し、臨海工業エリアの広い範囲でインフラが整い、企業や工場はLNG・天然ガスへの転換が容易になりました。

2015年に八戸火力発電所が燃料を天然ガスに切り替えたほかLNGを使った新電力事業や企業の進出も見込まれており、さらなる設備投資や雇用促進、地域の活性化が期待されています。

八戸の産業を支える東北電力最古と最新の火力発電所
八戸火力発電所

八戸経済を支える発電所 八戸火力発電所

八戸は東北電力の火力発祥の地。東日本大震災直後の電力需給の逼迫により緊急的に新設されたプラントは、2014年8月に排熱を利用して電気をさらに生み出す「コンバインドサイクル化」を導入し、2015年7月からは燃料を天然ガスに切り替え、大需要地である産業都市八戸などの電力を安定的に供給しています。

環境と地域に貢献するエネルギー
八戸バイオマス発電所

環境と地域に貢献するエネルギー 八戸バイオマス発電所

森林の多い青森県内の間伐材や製材端材が効率よく使えるバイオマス発電は、環境に優しいエネルギーであり、森林環境の整備、地元雇用といった波及効果も見込まれます。住友林業株式会社、住友大阪セメント株式会社、東日本旅客鉄道株式会社の共同出資によって設立された「八戸バイオマス発電株式会社」は、2018年4月に操業開始予定。完成すれば、八戸市全世帯の約2割にあたる電力をカバーできる予定です。