報告

株式会社ミックス様、青森県、八戸市の3者による立地協定調印式

「株式会社ミックス様、青森県、八戸市の3者による立地協定調印式」のご報告

株式会社ミックス様、青森県、八戸市の3者による立地協定調印式

株式会社ミックス様、青森県、八戸市の3者による立地協定調印式

平成27年9月15日、八戸市庁において、株式会社ミックス(東京都新宿区)、青森県、八戸市の3者による立地協定調印式が行われました。

同社は2007年に設立、ゲームソフトやテレビCM、イベント映像等コンピューターグラフィックス(CG)の企画制作を行う。成長著しいCG制作業界において、同社は高い技術をもち、国内にとどまらず、アメリカ企業と業務連携する等海外でも幅広く事業を展開している。

同社初の地方拠点となる「八戸支社」は十八日町カーニープレイス内に開設、人材獲得競争が激しく定着率が低い首都圏から当市にCG制作の拠点の一部を移すもの。平成27年10月1日に地元雇用者を含む5名体制で業務開始、5~10年を目標に従業員を60名まで増員、将来的に一大拠点形成を目指す。

調印式では、同社の草野社長が、「安定したクオリティーを提供するには、安定した雇用が不可欠。市内教育機関と協力して、人材育成にも力を注ぎ、若者が就職する際の新しい選択肢となる会社にしたい。」と挨拶し、小林市長は「都市型産業の代表といえるクリエイティブ産業の立地は初めて。同業界の地方展開という新たな流れを生み出すものと期待している。市としても、県と連携をとりながら、できる限りの協力をさせていただきたい。」と、同社の進出を歓迎しました。

(写真は調印式の様子。左から青森県商工労働部八桁部長、草野社長、小林市長)

※株式会社ミックスホームページ http://www.mix-design.jp/