報告

株式会社フルタイムシステム様、青森県、八戸市の3者による立地協定調印式

「株式会社フルタイムシステム様、青森県、八戸市の3者による立地協定調印式」のご報告

株式会社フルタイムシステム様、青森県、八戸市の3者による立地協定調印式

株式会社フルタイムシステム様、青森県、八戸市の3者による立地協定調印式

平成27年4月27日、八戸市庁において、株式会社フルタイムシステム様(本社:東京都千代田区)、青森県、八戸市の3者による立地協定調印式が行われました。

同社は、十三日町の「ヴィアノヴァビル」に事業所を構え、全国の集合住宅などに設置している宅配ロッカーの遠隔管理や操作方法の説明・トラブル対応の業務を行います。

6月に「フルタイムシステム八戸」を開設し、地元で採用した従業員を中心に10人程度から業務を始めるとのことです。

調印式では、同社の原副社長が「八戸市は情報産業の人材を育てていると聞いている。新しい事業形態として、3年後をめどに50~60人規模に増やすなど、地元雇用の拡大に努めたい。」と挨拶し、小林市長は「フルタイムシステム様の事業が円滑に進むよう県と連携を取りながら、最大限の支援をさせていただきたい。」と、同社の進出を歓迎しました。

(写真は調印式の様子。左から県商工労働部八桁部長、原副社長、小林市長)